日吉産業では昔ながらの和の家を建てられる方は少ないですが、

和室や畳コーナーを設ける方は多くいらっしゃいます。

「育った家に和室があったから、新居にも欲しい」

「すぐにゴロンと横になれる畳スペースが欲しい」

「日本人だから」

 

いろいろな理由で畳のある生活を希望されます。

今は縁無しや正方形など、洋風の家にも合う畳がいろいろあります。

また、下部分を収納スペースにした畳スペースや、

箱の上に畳を置いたキャスター付きのボックスを何個か組み合わせて

畳コーナーにする施主様もいます(もちろん移動は自由自在)。

 

他に、どんな良さがあるか…

【和室の場合】

・ご両親と住む二世帯住宅の場合はご両親の部屋。

・来客が泊まる時の部屋。

 

【畳コーナー】

・リビングと合わせて広い空間として使える。

・子供の遊び場にもいい。

 

でも、「日本人だから」というのが本当の理由なのかもしれません。

洋式の生活スタイルに慣れてしまっても、どこかで畳を忘れられない…

それは日本の気候風土の中で快適に暮らすために

昔から使われてきた素材で、

その香りや肌触りに落ち着きを感じ、心の安らぎを覚えるからなのでは

ないでしょうか。

 

もちろん、日吉産業ではそんな「日本」の生活も応援します。

南條

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です